日本音楽学会中部支部

支部事務局  〒466-8666 愛知県名古屋市昭和区八事本町101-2
中部大学文化科学研究所 明木茂夫 気付
TEL 052-835-7194 FAX 052-835-7192

 このHPは、日本音楽学会中部支部の支部会員の皆様に定例研究会案内、定例研究会報告、支部通信の一部などを随時お伝えしていきます。 なお、学会組織、規約、入会案内、全国大会案内、等につきましては、「日本音楽学会」のHP( http://www.musicology-japan.org/)をご覧下さい。


最新ニュース (2019.2.21)

【第125回 日本音楽学会中部支部 定例研究会】



日時:2019年(平成31年)3月23日(土) 13時30分~16時
場所:愛知県立大学・愛知県立芸術大学サテライトキャンパス
 愛知県産業労働センター ウインクあいち15階
   (愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38)
    ◎JR名古屋駅桜通口から:ミッドランドスクエア方面 徒歩5分
    ◎ユニモール地下街 5番出口 徒歩2分)


司会:安原雅之(愛知県立芸術大学)

【教育フォーラム 卒業論文・修士論文合評(実技系修了論文含む)】
 本年度、愛知県立芸術大学音楽学部および音楽研究科に提出された論文から、次の4つを紹介します。
(各論文については、執筆者が発表します。)

・卒業論文
永井文音
 「シューマン『音楽と音楽家』再考――批評家としてのシューマン」

・音楽総合研究修了論文(大学院博士前期課程)
鈴木美穂(鍵盤楽器領域)
 「F.ショパン作曲(P.パプスト編)〈小犬のワルツ〉にみるパーヴェル・パプストの独自性──演奏音源から採譜した楽譜を手掛かりに」
吉田翠葉(作曲領域)
 「ジェラール・グリゼー作品における「加速する時間」について──《タレア》を例として」
岡田智則(作曲領域)
 「アクースモニウム奏法論──アクースモニウム初心者がコンサート形式で上演するまでのプロセス」


■日本音楽学会では、会員の皆様より、研究発表と支部通信への投稿を随時受け付けております。 研究報告、研究ノート、書籍・CD紹介等も歓迎致します。発表・掲載時期、原稿の量などにつきましては、あらかじめ支部事務局にお問い合わせ下さい。 ただし日時、枚数等、編集の都合によりご希望に添えない場合もありますのでご了承下さい。